あなたの人生を10倍豊かにする最強の健康法 その1

前回は、人生の豊かさを最大化するための基本的姿勢ついて4回に分けてお話ししました。(記事はこちら→今この瞬間あなたの人生を100%豊かにする唯一の方法 その1)

で、今回は豊かさを感じるために一番重要とも言える体と健康について、わたしなりの考えをお話ししたいと思います。

こんな話をするのは、実はわたし自身がすこしばかり前に、体と健康について向き合わざるを得ない状況に陥ったからなのです。

当時は、仕事や子育てなどに集中しながら、充実した毎日を過ごしていたのですが、突然インフルエンザにかかって寝込んでしまい、しかもそのあとすぐに風邪を引いて、さらに皮膚に発心がでて、喘息を発症し、1日のほとんどをベットで過ごすような状態に陥りました。さらに体重も激減し、このまま死んでしまうのではないかというぐらい衰弱してしまったのです。

原因はよくわかりませんでしたが、とにかく免疫力の低下が原因ということだけでした(歳のせいでもあるのでしょう)。

さすがにここまで行くと、人生の豊かさを感じるのも困難になってきます。どんなに心で取り繕っても、やっぱり苦しいものは苦しいのです。そして、体がしんどい時は、思考もどんどんネガティブになってきます。

心のありかたが体や環境に影響するように、体もまた心のあり方に大いに影響します。健全な体に、健全な魂は宿るといいますが、まさにその通りなのです。

私はチャリティー活動などを通して、会社の経営者の方とお話することが多いのですが、第一線で活躍されている方はもれなく、健康を大切にしています。健康の話題になると、話が尽きないくらいです。

私はその時まで、心の探求は十分にしていたつもりでしたが、どこか体についてはおざなりになっていた自分自身に気がついたのです。心さえ整えておけば、体は勝手に付いてくるだろうと、少し傲慢になっていたのです。

そこで、一念発起し、自分自身の体にしばらく正面から向き合おうと決め、仕事をセーブして、健康について調べたり、いろいろ試してやってみました。

で、最終的にわたしが到達した最強の健康法は、

「筋トレ」だということになったのです。

いまでこそ、筋トレブームとも言える状況になっていますが、筋トレというとどうしても、辛い、楽しくない、孤独な作業、続かないといったイメージでなかなか始めるまでのきっかけがつかめないという方も多いのではないでしょうか?

筋トレを始めるきっかけはなんでもいいと思います。単に異性にモテたいとか、なんとなく自信をつけたい、ダイエットしたい、健康を維持したい、体力をつけてもっと人生を楽しみたい、老化を防止したい、などなど。

で、筋トレの凄いところは、それらすべてを根こそぎ叶えてくれるということです!




私自身、筋トレを始めてから、みるみる体力が回復し体重も筋肉だけで、以前よりも増えました。久しぶりに会った人に、『なんか若返ったね』、とよく言われるようになり、ジムのトレーナーには、『格闘技やってます?』と聞かれるぐらい、引き締まった体になりました。風邪もほとんどひかず、ひいても一晩寝れば治るという状態になりました。

体の筋肉量を増やせば代謝が向上するので、自然と脂肪の燃焼が促進され体がスリムになります。私は現在、体脂肪率が7%ですが、ここまでいくと、どれだけ食べても脂肪がつきません(ただし、食べ過ぎると単純にお腹を壊しますが。)。

なにもせずとも筋肉が勝手に脂肪を燃焼してくれる感じです。なのでなんの食事制限もなく、好きなものを好きな時に食べながら、自然にダイエットができる状態です。

(私は、食事制限によるダイエットはどんな類のものでも、おすすめしません。食べたいものがあるのに、それを我慢するなんて、人生の豊かさをみずから拒むようなものですし、その我慢のストレスが逆に生活や健康に悪影響を及ぼすかもしれません。)

と、まあ筋トレの効果が素晴らしいものだということは、皆さんも既にご存知かもしれません。
でも、なかなか始められない、はじめても続かないというパターンが多いのではないでしょうか?

そういう私も、米国で学生をやっていたころ、アメリカ人のクラスメートが授業が終わるとやたら、

I’m gonna work out. (筋トレ行ってきまーす。)

なんていうもんだから、2、3回筋トレに付き合ったことがあるのですが、その後は全然続きませんでした。なんでこの人たち(アメリカ人)はこんなに筋トレ好きなんだ?と当時疑問に思ったものです。

ともあれ、体は人生の豊かさを感じるための大事なレシーバーです。このレシーバーが壊れてしまっては、せっかくのこの宇宙に溢れる豊かさを十分に受け取ることはできません。

イチロー選手が自分のバットやグラブを大切にして、毎日磨いていることは有名ですが、私たちも自分の体を大切にして、十分に愛してあげることが重要です。そうすれば、体は素直に反応してくれます。

体は病気になってあなたを苦しめたいわけではないのです。病気というシグナルを通して、もっとあなた自身を愛してと言っているだけなのです。

ということで、しっかり体と向き合い、体の声に耳を傾けて人生の豊かさを大いに受け取りましょう!

次回は、筋トレを始めるにあたっての私なりのアドバイスと、筋トレを続けるための方法をお話します。

記事はこちら:

あなたの人生を豊かにする最強の健康法 その2

 

それではまた。

TED

You may also like:

筋トレ初心者が半年で6kgの筋肉増量に成功した方法

TE.D
TE.D
昭和末期生産型AI投資家。ロスジェネ最後の生き残り。30代で結果的に実質セミリタイア。映画「キャスト・アウェイ」のトム・ハンクスのごとく、このネット大海原の無人島にて一人つぶやいてます。 穏やかで自由かつ豊かな次世代の都心ライフスタイルを模索しながら、日々のささいな経験や気づき、オススメ情報を中心に発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。