都心でゆったりと水族館を楽しむなら夜のアクアパーク品川へ

先日の社会見学(こちらを参照:日報問題で話題の陸自の戦車を見るならりっくんランドへ)とはうってかわって、今回は子供の春休み最後の日ということで、夕食後に6時過ぎに品川駅前のアクアパーク品川に行ってきました。この水族館は土日の昼間は家族連れでとても混雑しますが、夜ともなるとそこまで人も多くないので、割とゆったりと楽しむことができます。夜はカップルも多く、大人のデートスポットとしても人気みたいですね。

マクセル アクアパーク品川 | マクセル アクアパーク品川

マクセル アクアパーク品川は、音・光・映像、生き物たちが融合する最先端エンタメ施設です。

この水族館が他と違うのは、プロジェクションマッピングをうまく使って、光と映像で毎回テーマを変えた見せ方をしているので、子供たちも何回行っても飽きません。年間パスを買ったものの、飽きてほとんど使わなくなったということにならないので、年に2回以上行かれる場合は年間パスを買ったほうが断然お得です。ひとつネックなのは駐車場の料金が最寄りの品川プリンスホテル駐車場で30分500円と少し割高なくらいです(品川プリンスホテル施設内で5,000円以上お買い物で3時間無料ですが。)。

それでは少し中を見てみましょう。

このように桜をテーマにした光と映像で大人も子供も楽しませてくれます。

クラゲコーナーもこのように桜色です。綺麗ですね。

絵本で有名な「にじいろのさかな」とのコラボ展示も。これには子供も大喜びです。

これ貸し切りのように見えますよね?貸し切りできればベストなんですが、そこまでの贅沢はさすがに望めません。実はこれ、イルカショーの真っ最中なんです。イルカショーを見ない代わりにまるで貸し切りのように水族館を楽しむというのもいいですよ。

で、イルカショーもしっかり次の回で見ました。

これまた桜をテーマにしたイルカショーになってます。この水族館は品川駅前という限られたスペースで、本当によく考えられた作りになっているなと毎回感心します。

なんと室内に海賊船のアトラクションまであります(別途500円)。

       

その他見られる動物の種類も盛りだくさん。カピバラまでいます。お昼の仕事でちょっと疲れているのでしょうか、かなり眠そうにしていました。

お土産グッズコーナーも充実。ここを避けては帰れないので、毎回子供に何か買わされます。。

都心でここまで気軽に立ち寄れて、長時間楽しめる水族館はここ以外にありません。休みの日に家族で楽しむのもよし、夜にデートスポットとして使うのもよし、まだ行っていない方や東京に遊びに来られる方は一度遊びに行って見てはいかがでしょう。

 

それではまた。

TED

アバター
TE.D
昭和末期生産型AI投資家。ロスジェネ最後の生き残り。30代で結果的に実質セミリタイア。最近はハワイ東京間を行ったり来たり。映画「キャスト・アウェイ」のトム・ハンクスのごとく、このネット大海原の無人島にて一人つぶやいてます。 穏やかで自由かつ豊かな次世代の都心ライフスタイルを模索しながら、日々のささいな経験や気づき、オススメ情報を中心に発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。