カナダ旅行に必要な観光ビザ(eTA)はESTA以上にカンタンだから安心

気づけば3週間以上ぶりの更新。

今月はカナダ&アメリカ出張、楽しみーっ!
おそらくここに来られた方もカナダ旅行が近いのかと思います。

てことで、アメリカ同様、カナダも観光ビザがいるんですよね。

あーめんどうですよねー。特に英語アレルギーの方には憂鬱でしょう。

でもカナダの観光ビザことeTAはアメリカのESTAより断然簡単なので、

自分でやっちゃいましょう。

こんなの外注して大切な個人情報とお金を取られるなんてナンセンスですよ。

多分みなさんが入力でひとつだけ入力項目で「?」となっているのが、

Street/civic number or house nameって項目ではないでしょうか?

ここに下手に番地なんか入れると、Alphanumericで入れてね!なんて言われて、英語アレルギーの人はさらに混乱してしまうかも。

ここはマンションに住んでいる方はマンション名をローマ字で適当に、そして一軒家の方は「NONE」(該当なし)とか「NA」とかっていれとけば大丈夫です。

大事なのはパスポート情報とeTAがリンクされることなので、パスポート情報以外の情報はそんなに神経質になる必要はありません。

追記:カナダ出張も行ってきました。わたしはNAと入れて申請しましたが、無事カナダ入国・出国も問題なしでした。

他にわからないとこあったら気軽にコメントしてください。

申請はこちらから:

電子渡航認証 (eTA) を申請する – Canada.ca

電子渡航認証(eTA)を申請できるカナダ政府の公式ウェブサイトです。取得料金はわずか7カナダドルです。申請するためのガイドを多くの言語でご用意しています。

現地レポートできるだけ頑張ります!

では、良いカナダの旅を。

Have a nice trip to Canada!

関連:

ESTA(エスタ)の申請は超簡単!代行申請の必要なし!

国際運転免許証は都庁にて5分程で簡単に取得できます。でもアメリカでの運転はくれぐれも気をつけて!

エア・カナダで行くトロント直行便は全然悪くないよ。いやむしろいい!

リトル・ニューヨークことトロントに到着

ナイアガラの滝は予想以上に迫力あり、一生に一度は自分の目で確かめよう。

アバター
TE.D
昭和末期生産型AI投資家。ロスジェネ最後の生き残り。30代で結果的に実質セミリタイア。映画「キャスト・アウェイ」のトム・ハンクスのごとく、このネット大海原の無人島にて一人つぶやいてます。 穏やかで自由かつ豊かな次世代の都心ライフスタイルを模索しながら、日々のささいな経験や気づき、オススメ情報を中心に発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。