エア・カナダで行くトロント直行便は全然悪くないよ。いやむしろいい!

友人から聞いてたエア・カナダの評判はいまいち。どうもCAさん含むスタッフの対応がいまいちとな。

どれどれ今回はTEDがこの目で確かめようではないか。

まずは羽田のANAのビジネスラウンジ。

新しいし、おしゃれ、いいじゃないですか。

J◯Lのさ◯らラウンジより全然いい!

何がいいってこれですよこれ。

お風呂・シャワー好きのTEDにはこれは本当に嬉しいし、12時間のフライトに備えるためにはかなりありがたい!

ちょっと狭いけど、ホテルライクで綺麗なシャワールーム(使った後の写真だからちょっとガラスが曇ってるけど。)

スターウォーズとのタイアップ?ファンにはたまらんでしょうな。わたしにはネコに小判ですが。

ナッツをおつまみにコーラを飲みながらなにもせずぼーっと待つのがTED流。

エア・カナダのビジネス。新しくて綺麗で快適。CAさんもみな優しいですよ。たぶん友人は英語圏でどっぷり浸かったバイリンガルの日本人CAさんの独特のスタンスが理解できなかった模様。

別に愛想が悪いわけではないのです。文化の違いなんです。無駄に笑顔を振りまくよりテキパキ仕事をこなすほうが大事だというね。でもこちらからちょっとくだけた会話を仕掛けると自然な笑顔になって、作り笑顔よりよっぽどいいんですよ。

それはさておきあっという間に空の上。そして、めっちゃ綺麗な景色が。富士山がお見送り。やっぱ日本って美しいね。問題も多いけど、不思議で偉大な国だとあらためて思うなぁ。

今回は洋食で、ビーフを選択。まぁごはんは可もなく不可もなく。。。

今回機内で見た映画はこれ。

なんか終始、鳩尾がムズムズする変な映画だった。でも考えてみたら不思議、なんで人は今のサイズじゃないとダメだったんだろうって。

そして、一眠りして起きたらもう到着。てかカナダひろっ!広大な緑の平野が地平線まで続いています。

さーって今回も仕事に遊びに100%エンジョイしよっと!

じゃまた。

関連:

TED流シンガポールの楽しみ方 フライト編

TED流ハワイの楽しみ方 フライト編

 

 

アバター
TE.D
昭和末期生産型AI投資家。ロスジェネ最後の生き残り。30代で結果的に実質セミリタイア。最近はハワイ東京間を行ったり来たり。映画「キャスト・アウェイ」のトム・ハンクスのごとく、このネット大海原の無人島にて一人つぶやいてます。 穏やかで自由かつ豊かな次世代の都心ライフスタイルを模索しながら、日々のささいな経験や気づき、オススメ情報を中心に発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。