”何もしない”をするとすてきな偶然(シンクロニシティ)が起きる。プーさんの映画に人生に大切なことを学ぶ。

プーと大人になった僕|ブルーレイ・DVD・デジタル配信|ディズニー公式

『プーと大人になった僕』の作品サイト。ブルーレイ・DVD・MovieNEX・デジタル配信最新情報のほか新作ディズニー映画、海外ドラマ、デジタル配信など、豊富な作品ラインナップをお届けします。ディズニー公式 Disney.jp

今日は特にやることもなかったので、”何もしない”を思い切りやろうと思って家でリラックス。ふと昨日散歩中に通りかかったブックオフのことが気になりだす。

そういえばと思ってクローゼットを開けると、昔読んだ本がけっこう溜まっている。

さっそくもう読まないであろう本だけを集めてブックオフに持っていくと・・・

なんと4,250円にもなってびっくり!

ちなみブックオフって今は本以外にもブランド品とか含めてほぼなんでも売れてめちゃ便利ですよ。査定も30分程度だし、お店も質屋さんと違って入りやすいしね。自宅まで来てくれるサービスもありで今後かなり重宝しそう。



まぁそんなこんなで、コーヒー1杯分にでもなれば、クローゼットが片付く上にスタバでまた”何もしない”ができるし、いいかなぁと思っていたところなので嬉しい驚き。

で、そこに子供が学校から帰るなり、今日から上映開始のぷーさんの映画が見たい!と言い出して、これを見に行くことになったわけです。でなんと家族4人分のチケットの値段がなんと4,200円!

今日はたまたま月に一度のTOHOシネマズデー(なんじゃそりゃ!?)だったらしく、一般チケットが1,100円と大幅割引き、そして子供が1,000円で合計4,200円だったのです。すごい偶然。

でみた映画が、なにもしない教伝道師プーの物語(笑)

”何もしない”に導かれてこの映画にたどりついたわたしにとってはとても面白い1日となりました。ぷーさんのおかげで、クローゼットが片付いた上に、出費ほぼ無しで家族と楽しいひと時を過ごせました。

ありがとうプーさん。

やらなければ強迫症の現代人にぜひおすすめしたい映画です。

そして各種グッズもめっちゃかわいくて、どれも癒されますよ。

じゃまた。

関連:

宇宙人(バシャール)から見た豊かさとは

今注目の街日比谷にて映画「ボストン・ストロング」を鑑賞

時間であふれることこそ自由:世界一貧しい大統領ホセ・ムヒカ

アバター
TE.D
昭和末期生産型AI投資家。ロスジェネ最後の生き残り。30代で結果的に実質セミリタイア。最近はハワイ東京間を行ったり来たり。映画「キャスト・アウェイ」のトム・ハンクスのごとく、このネット大海原の無人島にて一人つぶやいてます。 穏やかで自由かつ豊かな次世代の都心ライフスタイルを模索しながら、日々のささいな経験や気づき、オススメ情報を中心に発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。