余分なコストをかけずに毎年最新のiPhoneを手に入れる超裏技

早いもので今年ももう9月。

9月といえば、そうです毎年恒例の新iPhone発売月。今年は一言でいうと去年発表のiPhone Xのアップデート&廉価版追加といったところ。

で、去年わたしはXではなく8にした理由を記事にしてXをさんざんこき下ろしていたわけですが、はやくも前言撤回でiPhone Xsを買ってしまいました。。8派のみなさんごめんなさい。

故スティーブ・ジョブズ氏に捧ぐ、TEDのおすすめアップル製品5選

そしてiPhone 8を一年足らずで手放し、iPhone Xsを買った理由は一つだけ。そのデザインです。今回のiPhone Xsのゴールドは本当に美しい!ただそれだけ。前回のiPhone8のゴールドは明るいピンクのような色味だったので、わたしがもつにはちょっとかわいすぎたのです。

でも今回のゴールドはダークで男性が持っても違和感がない。画面側は白のベゼルもなく黒なのでより落ち着いた大人のゴールドとなっていたのです。そしてiPhone Xという実験を1年間終えての進化版ということで、新機能もより安定しているはず。

ということで実物を見た瞬間、機種変更しない理由がなくなりました。

早速開封。やっぱりいい。見惚れるほどの美しさ。カメラの出っ張りさえなければ美しさでは歴代1位のiPhoneです。スマホは今や毎日の必需品。いつ何時もそばにあるものだから、少々高くても美しくていいものを持ちたいですよね。

で、じゃ去年買ったばかりのiPhone 8はどうするんじゃい?と思いますよね。

そこでご紹介するのが今回の裏技、毎年最新のiPhoneを手に入れる方法です。

裏技に必要な前提条件:

1. 信頼できるiPhoneユーザーのパートナー1名

2. ともに端末を2年間の割賦払いとし、完済年を自分とパートナーで一年ずらす

3. パートナーは最新の端末に無頓着

この3条件さえ満たせば、毎年ほぼ同じコストで毎年新しいiPhoneを手に入れることができます!

今回のわたしのケースだと、去年の9月は自分の携帯の2年契約更新で端末割賦残債0となったiPhone7からiPhone 8に機種変。

で、今年はわたしのパートナー(妻)が一年遅れで更新がやってきて残債もないので、パートナーのiPhone 7をiPhone Xsに機種変後、お互いのSIMを交換して、いままで使っていたiPhone 8をパートナーに使ってもらうというわけです。来年も同じことを繰り返すだけ。

今回はiPhone 8のピンク、もといゴールドなので女性にもぴったり。あるべきものがあるべきところに収まった感じです。

これで見事余分なコストをかけずに毎年新しいiPhoneが使えるスキームの出来上がり。

え?前提条件のハードルが高い?

確かに、、

パートナーをお持ちの方はご存知だと思いますが、特に一番のハードルは3となってきますわたしは運良くパートナーがiPhoneの新機種にはまったく興味なく、「ちゃんと画面が見れて、使いたいアプリ(LINEとか)使えたらそれでいいよー。」という徳の高いお方(笑)、ありがたやー。

ここで「わたしも最新のがほしい!」「なんであんたの中古を使わないといけないの!」と怒られる可能性が高いですが、だめもとで相談してみる価値はありますよ。


じゃまた。

アバター
TE.D
昭和末期生産型AI投資家。ロスジェネ最後の生き残り。30代で結果的に実質セミリタイア。最近はハワイ東京間を行ったり来たり。映画「キャスト・アウェイ」のトム・ハンクスのごとく、このネット大海原の無人島にて一人つぶやいてます。 穏やかで自由かつ豊かな次世代の都心ライフスタイルを模索しながら、日々のささいな経験や気づき、オススメ情報を中心に発信します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。