【独断と偏見】もう隠せない、コロナ禍で炙り出された新時代に必要なもの。不要なもの。

単なる個人的メモです。随時更新予定。長期投資の役に立つかも(?)

不要なもの(Toss)

  • テレビ:昭和のレガシー。
  • タバコ:そろそろおっぱい離れしようか。
  • 酒:嗜む程度なら逆に健康(?)。
  • パチンコ:ザ・昭和の風景。なぜその時間と金と労力を投資につぎこまないのかなぁ。
  • 現金:不潔、場所とる、重い、処理遅い。お釣り多い時へこむ。
  • 不毛な人間関係:わざわざ苦痛な思いするぐらいならコロナのせいにしてスパッと切りませんか。
  • ステータス誇示用の贅沢品:ロレックスなんて家の中では何の役にもたたねぇ。処分処分。
  • 印鑑、ハンコ:21世紀、ハンコって。もう一回言うわ、ハンコって。
  • 不健康な外食チェーン:激務な上に超薄利で不健康フードって。誰が幸せ?
  • 石油:もう代替エネルギーで十分ちゃう?
  • ガソリン車:いやほんと排ガス健康に悪いんで。最悪ハイブリッドでお願いします。
  • 人口過密都市や地域:そんなに集まるメリットもうなくない?
  • リアルでの会議:8割は時間泥棒。
  • いわゆる老害:今の時代、好好爺っている?
  • 政治屋:選挙だけ上手い芸人崩れ。ネットでバレる。台湾の高知能・有能閣僚うらやま。愚かな人間に支配されるのと、有能なAI(アルゴリズム)に支配されるのと、どっちが幸せかな(?)。
  • 紙:場所取りすぎ。ホコリになる。見返した試しなし。全部データでお願いします。
  • 上下関係:ピーターの法則。
  • 忖度:新時代では旧体質の”エライ人”に忖度しても長期的に自分に利益が返ってくることはほとんどないどころか、身を滅ぼしかねない。
  • 睡眠不足:1日を台無しにしたければコレ。
  • 過度の物欲:むしろもう質量減らしてこ。
  • 交通事故:世界老若男女年間130万以上がこれで死亡。コロナの比じゃないのになぜか対策が一向に進まない。コロナ禍でみんな経済と命どっちが大事なんだって怒ってるけど、すでに経済最優先の世界にどっぷり浸かってるのわかってる?
  • オリンピック:今まで感動をありがとう。個人的にはこれで感動したことないけど。
  • スーツ: ひらひらですぐしわになる。毎日洗えないから不潔。無駄に高額。ネクタイって誰得?よくよく冷静に見るとヘンテコリンな衣装だよね。宇宙人が見たらまず爆笑すると思う。
  • 冠婚葬祭: 無駄に高額の上、拘束時間がやたらに長い。LINEで祝福、お悔やみでも心は十分通じる。
  • 電柱:特に都市部。地震時危険。都市の景観が損なわれる。そもそも邪魔。意図的な旧市街地以外ではもう埋めましょう。
  • 墓地と葬式仏教:青山霊園とか、生きてる人たちより良い土地占有してるのってどうなの。大事なのは先祖を敬う気持ち。物理的場所を占有してまで生きている人々のリソースを制限するのは故人も望んでないはずでは。少なくともわたしの墓は不要。

必要なもの(Keep)

  • ネット:意外に普及と応用に時間が掛かった。
  • 携帯・タブレット:AIアシスタント、ホログラム、AR、VR技術のさらなる発展はよ。
  • 運動・筋トレ:それでもやっぱりアニマルなんで、、まだね。
  • 瞑想:とりあえずやっといて損なさそう。
  • 余暇:人間だけに与えられし特権。
  • ベーシックインカム:働かなくて良い→ブラック企業一掃→ブラック顧客一掃→職場が楽しい→働く人が増える→税収、逆に増える。理想論?
  • Amazon Go的店舗:早く体験したい。
  • 愛、思いやり、奉仕の精神:サバイバル意識が必要なくなった人類に残るもの、と信じたい。とりあえず一番身近で大事な人を大切にしよ。
  • 遊び:そもそも人はこの地球を遊び尽くすために生まれてきた(はず)。
  • 物流:それでもやっぱり必要な物の移動。物流関係者、最前線の配達員に感謝。
  • クリエイティビティ:AIが最も真似しづらい人間の特性、脳の揺らぎ。
  • 心の充足:回り回って、最後これ。
  • 真心:もう取り付くろう必要なし。素の自分で大丈夫。
  • ワクワク:迷ったらこれに従え。
  • 電気自動車:要は今のところテスラ。電気や電気自動車をクリーンエネルギーで作り出す必要あり。少なくとも市街地の空気がよりクリーンになるのは確か。
  • 宇宙開発:人類が地球でのサバイバルゲームに飽きつつある。地球はいわば生活のためだけの”家”という位置付けで、”外出”は宇宙という感覚へ。コロナを機に超高知能、効率社会を構築、余ったエネルギーを全て宇宙開発に注ぎ込めば、わたしが生きている間に火星ぐらいはいけるはず。ジェフ、イーロン頑張ってー。あ、ホリエモンもね。

それではまた。

T
T
昭和末期生産型AI投資家。ロスジェネ最後の生き残り。30代で結果的に実質セミリタイア。最近はハワイ東京間を行ったり来たり。映画「キャスト・アウェイ」のトム・ハンクスのごとく、このネット大海原の無人島にて一人つぶやいてます。 穏やかで自由かつ豊かな次世代の都心ライフスタイルを模索しながら、日々のささいな経験や気づき、オススメ情報を中心に発信します。